ドタバタ♥ちょっぷ家の奮闘記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶対に諦めない!って思ってた3日間
ちょっぷが天国に旅立って、今日で38日。
寂しい気持ちは変わらないけど、少しずつちょっぷのいない生活にも慣れてきました。
今は、犬を飼えば誰でも経験すること、ちょっぷを看取ることができて良かったと心から思っています。

ちょっと間があきましたが、ちょっぷの病気に関するちょっとまじめな記録、その3です。

余命を宣告された岡山からの帰り道、遅くまで開いているスーパーによって、ちょっぷが食べそうな物を手当たり次第買いました。
この頃ほとんどご飯も食べなくなっていたのですが、牛肉を見せると、
IMAG1137.jpg
「頂きますよ~。」

IMAG1140.jpg
「牛さん、サイコーですね。」

久しぶりに200gくらい、ぺろりんちょ♪って食べてくれたので、ちょっとほっとしました。

そして、次の日の土曜日起きたら、私の中で、絶対に諦めない!って気持ちがみなぎってました。
私がくよくよしたら、ちょっぷも不安になるってことは、脾臓摘出の手術の日に経験済み。
今回は、諦めずに元気に、がんばるぞぉ~!!

そう言えば父もガンで余命3カ月と宣告され、いろんな民間治療を試しました。
犬にも王道の化学治療以外に、何か可能性のある自然界の力があるのでは?
と思って、朝からPCに向かって手当たり次第検索しましたよ。

そしたらやっぱり気になるものが出てきました。
活性化リンパ球療法
ちょっぷから免疫細胞を取り出し、培養して増やし、またちょっぷに戻し、ガン細胞を攻撃してもらう、というもの。
自分の免疫細胞を活用するので、副作用もほぼなく抗がん剤治療とも併用できる。
ただ、培養するのに2週間くらいかかり、確実に培養できるとは限らず、費用も高額になる。

大阪でもできる動物病院が数件あったので、電話して事情を説明し、長居動物病院に予約をしました。
この病院が説明も丁寧で、何よりも一番早く対応していただけるということだったので。

次に気になったのは、温熱療法。
犬のガン細胞は42.5℃になると死滅するらしく、患部に温熱をあてるというもの。
でも関西圏には積極的に取り組んでいる病院は見つけられず、
遠方の病院に2件お電話するも、組織球肉腫とお伝えすると、どちらも難しい、というお答えでした。

あと、貧血も進んできて息苦しそうなので、酸素のリースについても調べてみました。
日本医療株式会社で、ペット在宅看護のための酸素とゲージ用のテントをリースしてくれるとのこと。
ちょっぷ、狭いところに入るのはイヤだろうから、もう少し弱った時に利用しよう、と思ってました。

そんな調べごとをしている間にも、ちょっぷが覗きにきてくれたので、
なにか食べる?ってあれやこれや差し出してみると、
IMAG1155.jpg
「あ、これ!ちょっぷ、好きなんだよね~。」

愛情たっぷり手作りジャーキーを食べてくれました。
IMAG1156.jpg
「うまうまですね~。」

この時手作りジャーキーと、お友達が差し入れてくれたシーザーの缶詰を食べたのですが、
それがちょっぷの最後の食事になりました。

もちろん、寝てるちょっぷの隣にいって、いっぱいくっついて、なでなでもしましたよ。
IMAG1157.jpg
可愛い可愛い、大きなちょっぷのあんよ。

余命、だなんて言われちゃったけど、絶対大丈夫!って思っていたのに、
お昼間にお庭におしっことうんちをしに行って帰ってきたとき、玄関で足が踏ん張れずに滑ったのです。

この日の夕方また大阪の病院へ行きました。
血栓ができることを恐れていたのでヘペリンを注射してもらうことと、今後の治療についての相談に。

病院へ行くときも、金曜日岡山へ行くときも、車の用意をしていたら自分からやってきて、車に飛び乗りました。
きっと車に乗ったら、楽しいところへ行けると思ってるんだろうなぁ、と思うといじらしくて、
日曜日はゆっくりでも、皆がキャンプしている徳島の川へ連れて行こう!と思ってました。

でも、この足が踏ん張れなかったことを考慮して、旦那と相談して、遠出するのは止めておくことにしました。

土曜日の病院では、赤血球の割合が20%を切っていたので輸血をするのであればそろそろです。
血球貧食性組織球肉腫と診断が出た以上、延命にしかなりませんが、
貧血状態は一時的にでも改善するので、楽にはなると思います、とのこと。
また、抗がん剤が効いてくるのであればそのための時間稼ぎにはなります、と。
またぐるぐる悩みましたが、抗がん剤を飲んでがんばってるんだもん!ということで、
月曜日の晩にお願いすることにしました。


次の日の日曜日は、ちょっぷと旦那と猫2匹と私でお家でのんびり。
思えば、そんな風に休日を過ごしたのは本当に久しぶりの、まったりな一日でした。
旦那がお庭にでると、ちょっぷも着いて行って、風のよく通るちょっぷお気に入りの場所でペトンしてました。

その間に私はまた調べごとや、お友達のママさんにご相談したり。

難しかったのは、ちょっぷの前で笑顔で元気でいること。
目の前に可愛いちょっぷがいるのに、この子に何かあったらって考えるだけで涙がでそうになったり、
お友達のママさんに励ましてもらっては涙がでそうになったり。
でも、涙が出そうなときは、ちょっぷの見えないところに行って気持ちを落ち着けて、
ちょっぷの前では元気に笑顔で!がんばりましたよ。

お水はしっかり飲む物の、なにも食べてくれないちょっぷのために、晩は焼き肉をしました。
いつも私たちが焼き肉をすると、隣にぴとっとついておねだりをしていたので。
でも、焼き肉を食べ始めてもちょっぷは玄関のたたきから入ってくることはありませんでした。
なんだか急に弱ってしまったような気がしました。

この日の晩からお水の飲み方が必死な感じになりました。

5月22日月曜日、朝から介護ベストを縫いました。
私ひとりではちょっぷを持ち上げられないけど、旦那がいない時でもちょっぷが好きな所へいけるように。
しんどいだろうに、それでもおしっこする時は外へ行こうとするちょっぷをサポートするために。

お昼過ぎにちょっぷお庭へ行こうとしたのですが、もう自分では立っていられずふらついたので、
旦那に支えてもらって歩いて行き、うんちをしました。
いつもと違う色と匂いの、血の混ざったような液体でした。
そしてそのままちょっぷの好きないつもの定位置でペトン。
もうお家の中へ戻るのもしんどい、という感じでした。
そのまま好きな所に居させてあげたくて、隣にレジャーシートを敷いて、いつものようにちょっぷをなでなでしまくりました。

続きます。


 ランキング2つ参加しています。     ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ

banner.png

スポンサーサイト
血球貪食性組織球肉腫
ちょっぷの身体に異常を発見してから天国に旅立つまで、
ちょうど1ヶ月の病気に関する、ちょっとまじめな記録、その2です。

即効性があると言われていたステロイドを服用しても貧血は悪化していたので、
やはりIMHAではなく、もっと肝臓のポツポツと因果のある病気なのではないか?
と思い始めたあたりから、「犬 貧血 赤血球 肝臓 免疫」とか、いろんなキーワードでネット検索をしました。

手当たり次第にいろんなサイトを見ているうちに、
信頼できるペットの名医55人(病気分野別)』というサイトを見つけ、
血液・免疫の専門医が岡山県の『山陽動物医療センター』にいらっしゃることを知りました。

旦那に相談すると、翌日の19日なら仕事を休める、と言うので、病院にお電話をして、
これまでの経緯と症状を説明し、新たに検査をするのではなくこれまでの資料を見て診断をしてくれるか確認すると、

もちろん患者を見てからでないと何とも言えませんが、1週間前のデータなら参考にできます。
これまでの血液検査の結果と、過去と直近のCT画像を持ってきてください、

とのことだったので、すぐにかかりつけの病院へ電話をして事情を説明し、CT画像をお借りしました。
1週間前と3週間前にCTを撮影しており、これ以上検査ばかりしたくなかったのです。

あわせて、体重や服用した薬の種類、気になる症状等を時系列にまとめた表を作りました。

19日岡山へ向かう途中のSAで。
IMAG11261.jpg
トラックの多い駐車場だったので、ちょっと嫌な顔のちょっぷ。

IMAG11281.jpg
「うるさいの、イヤなんですよね~。」

IMAG11271.jpg
でも、ちゃんと一通り探検して、ご用もできました。

山陽動物医療センターはよくありそうな町の個人の動物病院、と言う感じで、
診療所がガラス張りで見渡せる待合室は広くて清潔でした。
IMAG11321.jpg
ちょうど午後の診療が始まった時間で、待合室はちょっぷ貸切。
受付でカルテに記入して、持参した資料をお渡しして、のんびり待ちます。

IMAG11301.jpg
「おりこうさんで待てますよ。」

しばらくして呼ばれたので診察室に入ると、院長先生らしき方が持参した資料を確認されてました。
ちょっぷを見るなり、
「痩せてますねぇ~。」って一言。

体重を量ってみると、39.8キロ。
「この子の体格なら46-47キロくらいがベスト体重ですよ。」って。
うーん、ベスト体重って見る人によってバラバラなことを言うけど、そんなに重く言われたのは初めて。

そして本題に。

持参した血液検査の推移をみると、IMHAではない。
IMHAであれば血小板やアルブミン、コレステロールの値が高くでるが、
ちょっぷの場合はいずれの値も低く、血小板は破壊され、アルブミンは消化管から漏れている恐れがある。
また、CT画像を見るとリンパ節が腫れており、ガンの可能性が高い。
肝臓のポツポツがただの嚢胞であればリンパ節は腫れないが、腫れているところを見ると腫瘍だと思われる。

エコーで確認した上で、組織細胞を採取して検査をし、具体的にどのような腫瘍か特定した上で治療法を考えましょう、とのこと。
そして、エコー台でエコーを見ながら組織を採取して頂きました。

細胞検査もここでされるので、1時間くらいで結果がわかるということだったので、待つことに。
ちょっぷと旦那と3人で、診療室を出て、病院を出て、すぐに駐車場へ。
すっごく空気が薄くて、息苦しくて、手の感覚がなくて握れなかったことをよく覚えてます。

車で待っていると、思ってたより早くに呼びにきてくださったので、ちょっぷだけ残して旦那と再び診療室へ。

想定していた中でも最悪の結果でした。と言われ、画像を見せて頂きました。
「この細胞についている泡のようなものが悪性ガンです。細胞を食べているように見えるでしょう。
このように血液中の赤血球をガンが食べているのです。」

血球貪食性組織球肉腫。
まだまだ発展中のため治療法が確立されていないガンで、治療法は抗がん剤のみ。
余命は1ヶ月程度だが早くて1週間。
抗がん剤があえば半年くらいの延命はできるが、根本的な完治はない。

たまたまあるご縁で1ヶ月くらい前に、もしもの時について旦那と話したことがありました。
もし、もしもちょっぷが病気になったら。
完治する見込みがあるなら、なんだってする。
だけど、完治しないなら、延命のための治療は止めておこう。
その時は、そんな結論でした。

旦那が先生にそう言うと、
この病気は抗がん剤で完治はしないが、腫瘍の性質により楽になることがある。
もちろん副作用も体質によってあり、胃腸不良や食欲不振、吐き気が考えられます。
と、先生はおっしゃいました。

他にも、
血小板が減っているので血栓を作る恐れがあり、そうなった場合毎日2回注射をしなくてはならないこと。
食べられるものは何をあげてもいいが、なるべくたんばく質をそれも複数のものをあげること。
炭水化物はガンのえさになるとの説もあるので、可能なら控えること。
などを教えて頂きながら、旦那と相談しました。

延命だけの治療なら止めようと思う。
でも、ちょっぷが楽になるのであれば抗がん剤を服用してみよう。

そうお伝えすると、
今服用すると車の中で吐いてしまう可能性があるので、家に帰って落ち着いてから飲ませてください、
とのことだったので、診療室を出て、旦那は先に車に戻ってもらって、一人でお会計とお薬を待合室で待ちました。

一人になって泣きじゃくり、ちょっぷの前では元気でいなくては!と思いました。

でも、車に帰ってちょっぷを見ると、悲しくて悲しくて泣いてしまいました。

岡山から大阪までの2時間くらい、フラットにした後部座席にちょっぷと一緒に寝転がり、
ちょっぷのお尻と私のお腹をくっつけて、呆然と、ただただいつまでもこうしていたいのになぁ~と思っていました。

次回に続きます。


 ランキング2つ参加しています。     ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ

banner.png
原因がわからなかった貧血。
ちょっぷの身体に異常を発見してから、天国に旅立つまで、
ちょうど1ヶ月間の病気に関する、ちょっとまじめな記録です。

ちょっぷは2月に脾臓を摘出していて、その後の状態を確認するために定期的に病院に通ってました。
3月末に行った時は、血液検査の結果異常なし。
次は5月末に念のためにCT検査をしましょう、ということになっていました。

そのため5月22日に病院へ行ったのですが、CT検査の前に血液検査で異常が見つかりました。
IMAG1012.jpg
(ただの定期健診だと思っていたので、猫のなつおも一緒に。)

血液中の赤血球の割合が低く、貧血状態でした。(HTCが34%。)
そこで、CTで確認して頂くと、肝臓にプツプツと複数の嚢胞が見られるとのこと。
その他、内部での出血や腫瘍はみられませんでした、とのことでした。

肝臓にプツプツはあるものの血液検査上の肝臓の数値は正常なので、
肝腫瘍ではないと思われ、貧血の原因や肝臓のプツプツとの因果関係はわからないと。

原因を調べるために、それから6月中旬まで何度も病院へ通いました。IMAG1017.jpg
(5月30日、病院の入口で。「またここですかぁ~。」)

毎回血液検査をするたびに、赤血球の割合が減っていきました。
網状赤血球数は正常値の3‐4倍あり、血を作る機能は正常でむしろこの異常事態と戦っているのに、
作られた血のうち赤血球がどこかでなくなっているのです。

体内の免疫が赤血球を破壊する、自己免疫性溶血性貧血(IMHA)が疑われたので、
クームス検査をしたのですが、陰性でした。
(陰性でもIMHAの可能性がゼロとは言えない検査、だそうですが。)

体内に寄生虫が入り込んだことも考えられるので、バベシア検査もしたのですが、陰性でした。

他にもうっかり食べた玉ねぎやネギの成分も赤血球を破壊する、とのことでしたが、
絶対に食べてない、と断言できました。

IMAG1117.jpg
(病院の1階にあるカフェで順番待ち中。)


そうなると、やはり体内のどこかで少しずつ血が漏れているのか、ということになり、
再度CT検査をするということになりました。
2週間前にも撮ったところだったので、無理を言って麻酔をせずに撮影してもらいました。

でもやっぱり、体内での流血は見られないし、肝臓のポツポツも変化していない、とのこと。

IMAG1118.jpg
(待合室にて。まだ心に余裕があり暇だったので。。)


こうして原因がわからず貧血状態が悪化していく中、
ここ近年多くのバーニーズさんが組織球肉腫(=悪性組織球症)で命を落としていると聞いたので、
「組織球肉腫、ガンではありませんか?」
と先生に確認したことがありました。

学生時代に獣医学の腫瘍科を専攻していたという先生は、
「バーニーズを見たらガンを疑え」と学んできたが、
CT画像の形状をみても、2週間たっても成長していないことをとっても、ガンである可能性は低い。
と、おっしゃいました。

この期間、ちょっぷ自身は特にしんどそうでもなかったのです。
ただ、ご飯を残すようになっていました。
(ご飯のことはまた後日。)

6月12日、貧血の原因で考えられる検査はすべてしてきたので、
消去法で自己免疫性溶血性貧血(IMHA)の可能性が高い、とのこと。
この時点で赤血球の割合は27%まで下がっていたので、
これ以上下がるようであればIMHAの対処法としてステロイドを服用してみましょう、と。

このまま赤血球の割合が15%を切ると輸血をする必要があるが、
原因がわからないまま輸血をしても時間稼ぎにしかならないので、
消去法ではあるが原因を特定するためにも、と。

そして、供血犬を、できれば1歳から2歳で大きな子を、探しておいてくださいとも言われました。


6月15日、赤血球の割合が25%まで下がっていたので、
原因がはっきりと特定できないままステロイド(プレドニゾロン40mg)を飲ませることに。
ステロイドは即効性が高いので、原因がIMHAなら貧血も下げ止まる、という言葉にすがったのですが、
2日間飲ませても効果は出ずに、6月17日には赤血球の割合は24%に低下しました。

そもそももしIMHAだったとしても、肝臓にできたポツポツとの因果関係はわからない、
とはじめに言われていたので、何か違うんじゃないか。。と感じ、
セカンドオピニオンを求めて、違う病院を探し始めました。

次回に続きます。

 ランキング2つ参加しています。     ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ

banner.png
最後の夜に、最高のサービスですよ。
ちょっぷが旅立つ前の日曜日。

本当は徳島の川遊びに行こうか、って言ってたのですが、
土曜日から急に容態が悪くなったので、お家でまったりすることに。

ちょっぷ、おはよ~!調子はどう??
IMAG1164.jpg

金曜日に『余命』という単語を言われて、その日の晩から皆で玄関で寝てます。
私や旦那が二階で寝ると、しんどくても二階に上がってきそうだったので、
ちょっぷの体力を考えて一番ひんやり冷たくてちょっぷのお気に入りの場所(=たたき)の近くです。

今日は一緒にのんびりしようね~。
IMAG1159.jpg
どうぞどうぞ。

暑くないの?もふもふ、気持ちいいかな?
IMAG1162.jpg

この日はうんちとおしっこのために2回庭にでましたが、ほとんどこのたたきにいました。

しんどそうにペタンとしてはぁはぁ言っているのですが、
IMAG1169.jpg
何かの拍子に気をとりなおして、かまってアピールもしてくれました。
(ピントあってませんが。)

晩になって、二人でゴロンしてる旦那が呼ぶから行ってみると、、
IMAG1170.jpg
ちょっと困ったかんじのちょっぷ。
ちょっぷの犬生2回目のかぶり物。(1回目はこちら⇒。)

IMAG1172.jpg
かっこいい~!!
ちょっぷ探偵、やね。ますますモテモテやね~。

とか親ばか炸裂だった、この1枚。
まさか、これが最後の写真になるなんて、夢にも思ってなかったよ。。

そして、この後私の大好きな、ちょっぷのお尻と私のお腹をくっつける、
”お尻ペトン”で一緒に寝ました。

冬はいつもこうして寝てましたが、最近は暑いからくっつくの嫌がってたので、
珍しい~、大サービスやね♪ってとっても嬉しかった。
大きくて、もふもふで、暖かくて、安心感いっぱいのちょっぷのお尻ペトンが大好きでした。

後から思うと、ちょっぷ、最後にがんばって私の大好きなサービスしてくれたんやね。
ありがとね、ちょっぷのお尻ペトン、いつまでも忘れないからね!


 ランキング2つ参加しています。     ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ

banner.png


プロフィール

Aコ

Author:Aコ
二代目バーニーズの茶々、猫のなつおとこなつ、忙しい旦那と暮らしてます。大阪府在住。

★ちょっぷ★
バーニーズマウンテンドックの男の子。
2012年4月、動物の孤児院ハッピーハウスに保護され約1年間たくさんのワンちゃん達と過ごす。
2013年5月、Aコのお家にやってくる。
やってきた日の様子は⇒ こちら

2015年6月22日天国へ旅立ちました。

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。