ドタバタ♥ちょっぷ家の奮闘記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の時。
ちょっぷが天国に旅立った6月22日の、ちょっとまじめな記録です。

この日はちょっぷの病名を知って、Mさんがお見舞いにきてくれました。
Mさんはバーニーズのプロフェッショナルなので、この先なにがちょっぷのためにいいのか、いろいろとご相談しようと思ってました。

お庭でペトンとしていたちょっぷを、自力で動けないなら中に入れた方が良い、
というころで、旦那が抱えてお家に入れました。
マットに寝かせたちょっぷを見て頂き、体温を測って頂くと、40度越えてました。

そして、危篤状態だよ、と。

この組織球肉腫という病気でたくさんのバニさんが命を落とされていること、
輸血が大きなリスクを伴うこと、などを教えて頂きながら、

パパとママがちゃんと話しあって、意見を統一しておくことが後悔しないためにも大事、と。

実はこの日輸血を予定していて、19時にお友達2家族4バニが病院に来てくれることになっていたのです。

今は貧血状態でしんどいけど輸血をすれば少しは楽になるんじゃないか、という期待と、
もし輸血をして拒否反応が出てしまいもっと苦しくなるんじゃないか、というリスクを考えると、
どうしていいかこの時点でもまだ決め切れていなかったのです。

旦那は、延命にしかならないのであれば輸血は止めようと、言いました。
私は、今がしんどいピークで輸血をすることで楽になるかもしれないと思い、決めかねていました。

でも、輸血を止めよう、と私の心が変わり旦那と二人でそう決めたのは、
今のちょっぷの体力では輸血している最中に亡くなってしまう可能性がある、と聞いたから。

それを聞いた時、それだけは絶対にイヤだ、と思った。
病院で、もしかして一人でちょっぷが亡くなるのは、絶対にイヤだ。
家族がいない寂しい時代があり、やっと私たち家族と出会えたのだから、
最後は一緒にちょっぷの家から見送ってあげたい。。



そう決めて、1時間もしないうちに、ちょっぷは我が家から天国へ旅立ちました。



どのくらいの時間ちょっぷの亡骸にしがみついて泣きわめいていたのかわかりませんが、
たぶん30分か1時間くらい後に、Mさんがちょっぷをきれいにしてあげよう、と。

ここからはちょっぷを見送るための儀式だよ、と言って。

手袋をして、きれいなタオルでちょっぷの身体を拭きました。

Mさんが、硬くなった足の関節を曲げてくださいました。
こうしておかないと、棺に入れる際に入らなくて葬儀場の係りの方が曲げられるそうで、
ちょっぷ、痛いけど私にさせてね、と言ってくださいました。

そして、お腹を押してガスを出し、鼻と喉とお尻に綿を詰めてくださいました。
すぐに荼毘に付さないのであれば、こうしておかないと体内から異臭が発生すると。
喉に綿を詰める際に、舌が出てこないように奥に入れお口周りを整えてくださいました。

そして体液が出ても大丈夫なように、と毛布の上にペットシーツを被せ、きれいにしたちょっぷを寝かせました。

ちょっぷ、旅立つ時には私が何もできないのを知っていて、Mさんを呼んでくれたんだね。
さすが、ちょっぷだね。

そして、この後すぐ、お友達がちょっぷに会いに駆け付けてくださった時は、
まるで寝ているかのような、いつもの可愛いお顔のちょっぷさんでした。
暑くなり始めた頃だったのに、荼毘に伏すまでの44時間くらいの間きれいなままのちょっぷさんでした。

IMAG1206.jpg

ちょっぷの病気と最後の日のまじめな記録、読んで頂きありがとうございます。
こうして記録することで、もしどなたかのお役にたてれば、ちょっぷも喜んでくれると思ってます。


 ランキング2つ参加しています。     ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ

banner.png

スポンサーサイト

コメント

初コメです。
大切な家族を見送って辛い中、病気の事最後の様子伝えてくれてありがとうございます。
いつも読み逃げですみませんでした。そんな私ですが去年のバニジャンでチョップさんとお会いしていたのです。ゴウちゃんとご一緒だったかと思いますが、間違っていたらごめんなさい。
チョップさん、パパ・ママとお出かけして楽しい思い出持って虹の橋渡って行ったんだなぁって思います。虹の橋を渡る時も一人じゃなくて大好きなパパ・ママに見送られて幸せな犬生だったはずです。
お盆でチョップさんはおうちに帰っているのかな?
[2015/08/15 09:16] URL | 小雪ママ #- [ 編集 ]

同じよう気持ちです。
犬種は異なりますが、先日我が家のワンコも脾臓摘出。その後一時良好ではあったものの一月ほど前組織球性肉腫と診断されました。下手な延命はしないと思いつつも、まだお別れしたくないという私の思いから、抗がん剤を飲ませて現在奮闘中です。副作用もあるものの、何とかワンコもがんばってくれています。
頭では、これが永遠に続けられないことも理解していますし、どこかで逆にワンコにつらい思いをさせてしまうかもしれないので、ちゃんと自分の気持ち良い整理しなくてはとも思っています。
そんな中でこちらのブログにたどり着きました。同じような体験を読み、とてもためになりました。ありがとうございます。
そしてちょっぷちゃんとのご冥福お祈りしています。
[2015/08/16 07:18] URL | すぷうんママ #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2015/08/17 12:04] | # [ 編集 ]


とっても辛かったですね。
どれほど辛く、悲しく、心が痛かったか、、、考えただけで胸が苦しく涙が出ます。
本当に言葉がありません。。。
と同時に、寿命が短すぎる!!と腹が立ちます。なんで!!!
でも、ちょっぷさんがちょっぷさんのおうちから天国に行けて良かった。
大好きなお父さんとお母さんと離れて病院で亡くならなくて良かった。
A子さん家族に引き取られることなくヒトリ寂しく天国に行かなくて良かった。
ちょっぷさんに家族ができてたくさん愛されて、愛される為に生まれてきたんだって分かってくれて良かった。本当にそう思います。
MさんがいらっしゃってA子さんも平静を少し取り戻されてちょっぷさんを送る儀式が出来て本当に良かったですね!
Mさんの手際の良さ、素晴らしい!まさに”おくりびと”ならぬ、”おくりいぬ”!
キレイな可愛いちょっぷさんで天国に行けて良かった!
大変なおもいをされましたね。悲しみはいつになっても消えることはないでしょうが、
ちょっぷさんはもう苦しくないですからね。それだけは嬉しいことですね。
ちょっぷさんの思い出を胸に、少しずつ穏やかな心を取り戻してください。
[2015/08/20 12:49] URL | ろば~とさん #jQQ97JCw [ 編集 ]

小雪ママさんへ
コメントありがとうございます。
お礼が大変遅くなり申し訳ありません。

そうなんですね~!
ゴウちゃんとご一緒させて頂いてましたので、きっとお会いさせて頂いていますね。
あの日はバニさんがわしゃわしゃたくさんいらっしゃったので、ご挨拶できなくてごめんなさい。

ちょっぷ、きっと楽しい思い出をたくさん持って、天国のお姉ちゃんにお話ししてると思います。
ちょっぷがハッピーハウスに保護されたとき、ゴールデンのお姉ちゃんが一緒だったのです。
お姉ちゃんがいなくなってから、すぐに新しいパパとママができて、楽しかったんだよ~!
って言ってくれてると思います。

たまにはお家に帰ってきたり、夢にでも出てくれたらうれしいのですが、そんな気配は感じず。。
でもいつまでも私のことを見守ってくれていると信じてます。

[2015/09/24 23:44] URL | Aコ #- [ 編集 ]

すぷうんママさんへ
コメントありがとうございます。
お礼が大変遅くなりもうしわけありませんでした。

すぷうんママさん家のわんちゃんのご様子はいかがですか。
まったく同じ経験をされていてびっくりしました。
すぷうんママさんのお辛いお気持ち、迷われるお気持ち、とてもよくわかります。
どうぞどうぞがんばってくださいませ。


お辛い中、ちょっぷにお悔やみを頂きありがとうございました。

[2015/09/24 23:48] URL | Aコ #- [ 編集 ]

鍵コメ様へ
コメントありがとうございます。
またお礼が大変遅くなり申し訳ありません。
記事を書いたものの、読み返す気がせずにぐだぐだしてしまってました。。

ちょっぷにお顔の似ているびびりんちゃん、お会いしたいです~!
がんばって長生きされてらっしゃるんですね。

こちらこそ、ちょっぷのブログを楽しみにしてくださっていて、ありがとうございます。
そうおしゃって頂いてちょっぷ喜んでますね。
いつかどこかでお会いできたら、またお話させてください。

ありがとうございました。
[2015/09/24 23:58] URL | Aコ #- [ 編集 ]

ろば~とさんへ
コメントありがとうございます。
お返事が大変遅くなってごめんなさい。

ちょっぷが天国へ行ってしまって、3か月たちました。
だいぶ私の心も落ち着いてきましたよ。
ちょっぷのことを思わない日はないけれど、明るくちょっぷに話しかけられるようになりました。
ちょっぷ、今日は涼しいよ~。とか。

ろば~とさんが繰り返し言ってくださった、ちょっぷは幸せだった!って今ならはっきり思えます。
ちょっぷは、我が家に来て、ずっと一緒にいて、お友達もたくさんできて、たくさん遊んで、幸せだった!
そして、もう苦しい思いをせずに、天国でのんきに遊んでいると信じています。

元気いっぱいに走り回っている太陽くん。
ふとした表情がちょっぷに似ているので、これからも楽しみにしています。

ありがとうございました。
[2015/09/25 00:08] URL | Aコ #- [ 編集 ]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[2015/09/30 22:33] | # [ 編集 ]

Re: とうとう、その時がきてしまいました
すぷうんママさんへ

お返事が遅くなり申し訳ありません。
そうですか、すぷうんさんも虹の橋を渡ってしまわれたのですね。
心よりお悔やみ申し上げます。
すぷうんさんはいつも通りママをお見送りして、大好きなお家で安心して旅立ったんですね。
きっとお出かけ前にすぷうんさんはママに笑顔でお別れを言ってくれたんですね。

本当にワンちゃんには感謝感謝ですよね。

すぷうんさん、天国でちょっぷとお友達になってくれたらいいのにな。


[2015/10/12 20:13] URL | Aコ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://vivibernecho.blog.fc2.com/tb.php/313-55abf145
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

Aコ

Author:Aコ
二代目バーニーズの茶々、猫のなつおとこなつ、忙しい旦那と暮らしてます。大阪府在住。

★ちょっぷ★
バーニーズマウンテンドックの男の子。
2012年4月、動物の孤児院ハッピーハウスに保護され約1年間たくさんのワンちゃん達と過ごす。
2013年5月、Aコのお家にやってくる。
やってきた日の様子は⇒ こちら

2015年6月22日天国へ旅立ちました。

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。